Service

MGBのサービス

日本語学校の運営

Advantage私たちの強み

フィリピン人が学びやすい教育コンテンツ

当校校長のアレックスゲバラはTESDA*に認定された日本語教師です。彼は、日本在住期間が長く、日系大手企業でマネジャー職も経験しています。
このアレックスがフィリピン人にとって学びやすいテキストとカリキュラムを作り上げたため、日本語試験の高い合格率を実現しています。

TESDAとは…フィリピン共和国における専門的教育と技術の向上機関。

介護、飲食、ホテルビジネスに
特化した
カリキュラム

当校は日本語習得だけが目的ではなく、日本での継続雇用が目的です。このため当校で学ぶテキストやカリキュラムは、実際の職場を想定したコンテンツとなっています。
なお、ホスピタリティ溢れるフィリピン人の特徴が活きる介護、飲食、ホテルビジネスについては、特別なカリキュラムを組んだ上でレベルの高い人材をご紹介できる仕組みを整えております。

日本文化及び商慣習の学習

当校は語学だけではなく、日本企業での就職を想定して日本文化及び日本商慣習の学習もカリキュラムに盛り込んでいます。 生徒たちは校長アレックスや日本人教師たちと楽しみながら日本への理解を深めています。

受入会社から
直接問い合わせ可能

当校は東京にいる日本の公認会計士が運営しているため、日本窓口に受入会社からお気軽に問い合わせることができます。
また必要に応じて、現地フィリピンと連携することも可能です。

オンラインでも受講可能

MGBの日本語レッスンは、教室に通ってもオンラインでも受講できます。
オンラインレッスンは自宅で受講できるので、遠方からも気軽に参加できます。
またzoomアプリを使用しているので、通信環境さえあれば、面倒な手続きも一切必要ありません。
すでにルソン島の郊外やセブ島やミンダナオ島からも多数の生徒たちが授業に参加しています。
仕事で忙しい生徒さん、遠方にお住いの生徒さんに大変人気です。

After care人材紹介後のケア

教師による継続的な
メンタルケア

異国での就職は外国人にとって大きなストレスがかかります。
このため外国人雇用においては継続的メンタルケアが不可欠です。
当校はフィリピン人の気持ちはフィリピン人にしかわからないという考えのもと、日本就職後には当社のフィリピン人スタッフが紹介した人材のメンタルケアにあたります。
さらに当校では日本就職後に生徒のことをよく知っている日本語学校の教師がオンラインでメンタルケアを行うため、生徒が精神的ストレスを抱えることがないよう十分に配慮します。

人材紹介後のオンライン
日本語教育

当校の関わりは日本で就職したら終わりというわけではございません。受入企業様に満足していただくためには継続的な日本語教育が必要だと考えています。このためさらなる高みを目指す生徒には、ご希望に応じて日本就職後にもオンラインで日本語授業を受けていただきます。

Cooperation現地各所との提携・連携

現地技能専門学校との提携

当校の目的は日本での継続的な就労です。このため語学だけでなく、介護、飲食、ホテルの技能専門学校とタイアップして、日本側が求める技能習得にも力を入れています。

現地法律事務所および
会計事務所との提携

当社ボードメンバーには現地弁護士と現地会計士が参画しています。
このため弊社役員が運営する現地法律事務所および現地会計事務所とは密接に連携しており、現地で法律または税制面で問題があった場合などは適時適切に対応可能です。

複数の
現地送り出し機関との連携

日本企業が契約できるフィリピンの送り出し機関は、法律として原則的に一社のみです。この点、当社は複数の送り出し機関と提携しているため、お客様のニーズや必要人材に合わせ送り出し機関を選択していただくことが可能です。

ServicesMGBのサービス
Contact us

詳しいご相談はお問い合わせフォームをご活用ください