Attractive

フィリピンの魅力

受入企業としての
フィリピン人材の魅力

平均年齢20代前半、一億人以上の人口

フィリピンは人口1億人以上、平均年齢20代前半という驚異的に若い国です。
このため、やる気のある優秀な人材をたくさん採用できるという魅力があります。

ホスピタリティ溢れる国民性

フィリピン人は南国らしく明るくホスピタリティ溢れる国民性だとよく言われます。
またASEAN唯一のキリスト教国らしく奉仕の精神が根付いており、相手の気持ちや立場を考え周囲とうまく調和できる人材が多いと言われます。このため、日本社会や日本企業にも馴染みやすい性格の方々が多く、特に介護や飲食、ホテルなどお客様と接するサービス業にはうってつけの人材ばかりだと考えられます。

英語が公用語

フィリピンの公用語は英語です。このため当社紹介の人材は、日本語と英語両方でコミュニケーションをとることができます。また貴社業務で英語が必要になった際も、フィリピン人材の力が役立つ機会が多いと考えられます。
さらにフィリピン人は英語が堪能なため、普段から世界情報に触れることが多くグローバル感覚に長けた優秀な人材が多いことが特徴です

進出先としての
フィリピンの魅力

高い経済成長率

日本の実質GDP成長率は1%程度ですが、フィリピンの成長率は6%程度を誇っています。
これはASEAN諸国の中でもトップクラスです。今からフィリピンへ進出することは非常に魅力的な時期にあると言えます。

高い利益率

フィリピンでビジネスが軌道にのれば、高い利益率が期待できます。成長国であるフィリピンでは人件費の負担が重くありません。(職種によりますが、1/6程度のイメージです。)
また、働き手が多いフィリピンでは求人にもほとんどコストがかかりません。

平均年齢20代前半の一億人以上の人口

フィリピンは人口1億人以上、平均年齢20代前半という驚異的に若い国です。
今後は人口ボーナス期を迎えるため、ますます高い成長率が期待できると言われています。

政治の安定性

現在フィリピンの政権を担っているドゥテルテ大統領は国民から大変支持されております。
このため現在のフィリピンに政治的な不安定要素は少ないと考えられます。

為替の安定性

フィリピン中央銀行によれば、フィリピンの2019年末の同国総外貨準備高(速報値)は約878.6億ドル(約9.5兆円)であり、輸入の7.7カ月分、短期対外債務(元本ベースの短期負債)の5.5倍に相当しており、十分な流動性を確保していると発表されています。このため新興国特有の為替リスクが比較的低いと考えられます。

旺盛な購買意欲

フィリピン国民の一人当たりGDPは3,000US$を超えています。
またフィリピンを出て海外で働く労働者は200万人を超え、彼らの仕送りが家計をしっかり支えています。徐々に豊かになっていくフィリピンですが、実にGDPの7割を消費にまわすという国民性から購買意欲が大変に旺盛です。
この消費割合は我が国や中国を上回り米国と同レベルと言われております。
この巨大マーケットはフィリピン進出企業にとって非常に魅力的であると考えられます。

英語圏

フィリピンの公用語は英語とタガログ語です。ノンネイティブの中でビジネス英語力1位という調査もあり、実際コールセンターの売上高はインドを抜いて世界1位です。
このため、フィリピンにはコミュニケーションがとりやすく働きやすいビジネス環境があるとよく言われます。

ホスピタリティ溢れる国民性

フィリピン人は南国らしく明るくホスピタリティ溢れる国民性だとよく言われます。
また企業の管理職や政治家に女性が多く、世界的にも女性が働きやすい国とされています。

日本から4時間半、
時差はたった1時間

日本とフィリピン間は飛行機で4時間半しかかかりません。東南アジアでもかなり近い国といえます。
日本へ出稼ぎにくるフィリピン人も多いですが、最近では日本からフィリピンへの英語留学も盛んで、フィリピンと日本の心理的距離はますます近くなっていると言われています。
基本的には常夏で、雨季と乾季があります。また時差はたった一時間でビジネスを行う上での時間的ロスはほとんど生じません。

Contact us

詳しいご相談はお問い合わせフォームをご活用ください